HOME > 教育プログラム > 建築プログラム > プログラムの紹介
建築プログラムの概要
日本の建築家は世界中で活躍しており人類の文化創造に貢献していますが,そこには幅広い知識に加えて深い倫理観が求められています。とりわけ広島においては,平和な生活環境を創造するための知恵が集積されています。一方,世界でも有数の地震国である日本では,耐震性の高い建物を設計する技術が求められています。さらに,環境に優しい建物を建設して高度な居住環境を形成するための技術が必要になっています。
当プログラムでは,多岐にわたる建築物およびそれを取り巻く地域的な環境を工学的に取り扱うため,建築設計,地域計画,都市計画等について学習します。その中で,建築物における計画的・環境設備的・構造的な設計およびその配置に対して,個々の人間および社会の営みにより必要な空間を確保,制御することが中心的な課題になっています。
工学的技術の進歩により,種々の側面を1人で全うすることが現代では困難になっていますが,これらの学習を通じて,そのような建築に関する技術的問題に対して,いずれかの分野における高い専門性を持ち,分野横断的な能力を有する技術者・研究者・建築家を輩出することを目標にしています。
当プログラムついてさらに詳しく知りたい方は,建築プログラムの詳述(HiPROSPECTS®)も併せて参照してください。
また,当プログラムでは,紹介パンフレット(PDFファイル,約4MB)も用意しています。
建築プログラムにおける履修の流れ
工学部第四類(1年次)入学生は,1年次に修得すべき教養的教育科目群および専門基礎科目を履修した後,本人の希望と1年次の成績に基づいて2年次進級時に当プログラムまたは社会基盤環境工学プログラム輸送機器環境工学プログラムのいずれかに配属されます
当プログラムに配属された学生は,2年次には当プログラム開設の専門基礎科目を中心に履修します(一部,履修指定の異なる専門科目を含みます)。3年次以降は,建築学課程建築工学課程のいずれかに配属となり,各課程指定の専門科目を中心に履修します(一部の科目については建築学課程のみで開設しています)。卒業論文着手要件を満たせば4年次に進級でき,当プログラムを担当している11の研究室のいずれかに配属されて卒業研究(ゼミ,調査,実験等による卒業論文作成または卒業設計)を行います。
なお,各課程の特徴は以下の通りです。
建築学課程
この課程では,住宅,文化施設,公共施設,産業施設等のあらゆる建築物の計画,設計,設備,構造,施工等について,総合的に学習します。
建築工学課程
この課程では,住宅から超高層建築物に至る建築構造物全般の基礎,建築躯体,付属施設等を創造するための設計・施工法を学習します。
建築プログラム(旧・建築教室)の歴史
当プログラムおよびその前身の歴史(沿革)を簡単に紹介します。
1945(昭和20) 広島市立工業専門学校(同年設立)に設置された航空機科を土木科に改組
1949(昭和24) 広島大学工学部が発足して(広島市立工業専門学校は併合されて),土木建築工学科を設置(昭和36年には,建築学科に分離)
1976(昭和51) 「類・課程」制度への拡充により,第四類(建設系)建築教室に改組
2001(平成13) 大学院講座化に伴い,第四類(建設・環境系)建築グループに改組
2006(平成18) 「教育プログラム」制度の導入により,建築プログラムを開始(建築グループを改組)
Last Updated : 2017/02/01 © Cluster 4, School of Engineering, Hiroshima University. All Rights Reserved.