HOME > 教育プログラム > 社会基盤環境工学プログラム > 特色ある取り組み
社会基盤環境工学プログラムにおける特色ある取り組み
当プログラムでは,以下のような特色ある授業および課外教育活動を実施しています。
まちのかたちとくらし
当プログラムの導入科目として1年次に開設されるこの授業では,道路,鉄道・駅,ダム・発電所,電力ネットワーク施設,上下水道等の,「まち」を形成する社会基盤施設と,その「まち」の中で生活を営む人々との関わりについて,広島における実際のまちづくりプロジェクトを例に挙げて,社会基盤を環境と調和させながら計画,設計,建設,維持管理する最新の技術の概要を学びます。さらにこの授業の中では,現場見学の他,社会人(民間および公務員)のOBの方々による講義も予定されています。
社会基盤環境工学実験
以下に関する実験をそれぞれ行い,これまでの講義で習得した理論と実際の現象との関係について学ぶと共に,それらの各実験結果の整理を行うことによって,問題点や現象の理解を深めます。
コンクリート(材料物性とRCはりの製造,RCはりの曲げ・せん断試験)
地盤(圧密試験・コンシステンシー試験,1面せん断試験・3軸圧縮試験)
鋼構造(はりの曲げ変形,鋼材の材料特性試験)
水理(開水路流の抵抗則,管水路流のエネルギー損失)
衛生(河川水質の分析法)
社会基盤環境デザイン
社会基盤環境工学に関して設定された,以下の4つの個別テーマ(A,B,C,D)の中から,1つを選択して,これまでに講義・実験等で学んだ知識をもとに関連文献の学習や実験・実習を行い,最後に全体プレゼンテーションを行うことで,それらを通じた問題解決に取り組むことによって個々の要素技術を統合して活用する力を養成することを目的としています。
テーマA :  防波堤の設計
テーマB :  地域環境計画枠組の策定
テーマC :  鉄筋コンクリート構造物の性能設計とその評価
テーマD :  地理情報に基づく輸送リスクシミュレーション
社会基盤プロジェクトマネジメント
社会基盤の建設および維持管理の実務に携わる専門家の方々を講師に迎えて,最新事例に基づき,事業のマネジメント,施工技術,維持管理技術,環境対策について建設事業を企画して施設を維持管理する上で必要となる土木行政・法規や建設事業のマネジメント手法,建設工事の実際を学びます。具体的な事例として,エネルギー事業,鉄道事業,海外工事に関連した建設・維持管理の実務について紹介します。さらに,社会基盤施設の工事現場や製造現場を,実際に訪問して見学も行っています。
トンネル工事現場 濁水処理に関する説明
製造現場での説明 橋脚工事の様子
ICCEE(社会基盤環境工学研究に関する国際会議)
昨(2016)年度は,10月17日(月)・18日(火)・19日(水)に本学で開催いたしました。
さらに,過去のイベントの詳細については,広島大学ICCEE(オリジナルWebサイト)を参照してください。
当プログラムの学生による企画・イベント等
当プログラム配属の学生が主体になって活動する企画(イベント等)には現在,下記のようなものがあります。
Japan Steel Bridge Competitonでの鋼橋模型の設計・製作と架設
土木の魅力を伝えるボランティア活動
活動の詳細は,こちら(各種活動の案内)を参照してください。
高等学校の先生方へ(高校訪問および模擬講義等の実施案内)
当プログラムに御関心をお持ちのようでしたら,高校訪問および模擬講義等を実施させていただきます。日程,内容等につきましては下記まで問い合わせください。また,当プログラムの紹介パンフレット(紙面版)も用意しておりますので,こちらも下記の問い合わせ先に必要部数を連絡していただければ,郵送いたします。
【問い合わせ先】 〒739-8527 東広島市鏡山1-4-1  広島大学工学部第四類 社会基盤環境工学プログラム
メールアドレス : civil[at]hiroshima-u.ac.jp *
* (スパムメール対策のため,)上記のメールアドレスをコピー・ペーストして使用される場合は,[at]@に変換してください
誠に勝手ながら,お問い合わせは書面またはメールに限らせていただきます。ご了承ください。
なお,当プログラムのスペシャルサイトに最新トピック等の情報が掲載されていますので,併せて参照してください。
Last Updated : 2017/08/24 © Cluster 4, School of Engineering, Hiroshima University. All Rights Reserved.