HOME > 教育プログラム > 社会基盤環境工学プログラム > プログラムの紹介
社会基盤環境工学プログラムの概要
人々が安全でかつ快適な生活を営むために必要な施設である社会基盤施設には以下のようなものがあり,人類の活動や自然災害がもたらす影響を総合的・多面的に捉える必要があります。
道路,鉄道,空港,港湾等の交通・流通ネットワーク施設
電力,ガス,上水道・下水道,通信等のライフライン施設
堤防,ダム,擁壁等の防災施設
廃棄物処理・処分施設
公園等のレクリエーション施設
当プログラムでは,自然環境と調和・共生を図りつつ,豊かなコミュニティおよび社会環境を創造するため,これらの施設を計画,設計,建設,保全するための工学理論を基にして,構造工学,材料工学,地盤工学,水工水理学,海岸工学,海洋大気圏環境学,環境衛生工学,社会基盤計画学等について学習します。さらに,限りある資源を有効に利用していく高度循環型社会を構築するための技術が強く求められていることに鑑み,地球レベルでの環境保全のための幅広い技術についても学習します。
また,「自己発案型デザイン科目」により,要素技術を統合化する能力を養成したり,実際の社会基盤施設における現場見学も実施しています。
これらの学習を通じて,将来,社会基盤整備に携わる際に直面するさまざまな技術的問題に対して,自ら問題を発見でき,科学的・合理的に問題解決策を探り,調和的・倫理的に問題を解決できるような実行力とリーダーシップを有する技術者・研究者を輩出することを目標にしています。
当プログラムついてさらに詳しく知りたい方は,社会基盤環境工学プログラムの詳述(HiPROSPECTS®),さらに,スペシャルサイトも,併せて参照してください(このスペシャルサイトでは,各研究室HPを含む最新情報を提供しています)。
また,当プログラムでは,紹介パンフレット(PDFファイル,約4MB)も用意しています。
社会基盤環境工学プログラムにおける履修の流れ
工学部第四類(1年次)入学生は,1年次に修得すべき教養的教育科目群および専門基礎科目を履修した後,本人の希望と1年次の成績に基づいて2年次進級時に当プログラムまたは輸送機器環境工学プログラム建築プログラムのいずれかに配属されます
当プログラムに配属された学生は,2年次には当プログラム開設の専門基礎科目を中心に履修します。3年次以降は,社会基盤環境工学課程に配属となり,課程指定の専門科目を中心に履修します。卒業論文着手要件を満たせば4年次に進級でき,当プログラムを担当している8つの研究室のいずれかに配属されて卒業研究(ゼミ,調査,実験等による卒業論文作成)を行います。
なお,課程の特徴は以下の通りです。
社会基盤環境工学課程
この課程では,建設材料・資源の力学的・物理的・化学的性質,構造物の解析・設計・施工技術,防災計画・防災技術,維持管理技術,リサイクル技術,河川・海岸や大気・海洋で見られる自然現象とその制御の技術,陸域・水域での生態系とその保全技術,人間の活動が社会・自然環境に与える影響評価の他,高度情報化社会で必要な情報処理技術等を学習します。
社会基盤環境工学プログラム(旧・土木工学教室)の歴史
当プログラムおよびその前身の歴史(沿革)を簡単に紹介します。
1945(昭和20) 広島市立工業専門学校(同年設立)に設置された航空機科を土木科に改組
1949(昭和24) 広島大学工学部が発足して(広島市立工業専門学校は併合されて),土木建築工学科を設置(昭和36年には,土木工学科に分離)
1976(昭和51) 「類・課程」制度への拡充により,第四類(建設系)土木工学教室に改組
2001(平成13) 大学院講座化に伴い,第四類(建設・環境系)環境グループ(エンジニアリングシステム教室と合体)に改組
2006(平成18) 「教育プログラム」制度の導入により,社会基盤環境工学プログラムを開始(環境グループを分離改組)
Last Updated : 2017/02/01 © Cluster 4, School of Engineering, Hiroshima University. All Rights Reserved.