HOME > キャンパスライフ > 各種活動の案内
工学部第四類が関わる各種活動(イベント等)の案内
工学部第四類が関連する各種の活動(課外活動・イベント等)について紹介します。
人力飛行機の設計・製作と鳥人間コンテストへの挑戦(広島大学工学部HUES)
HUES(ヒューズ : Hiroshima University, Engineering Systems の略)は,学生(学部生)を中心とするスタッフによって構成された,本学公認の人力飛行機設計・製作チームです(双発の人力プロペラ機を設計・製作してそのフライト記録に挑戦していることがチーム最大の特徴です)。
読売テレビ(YTV)主催の鳥人間コンテストにも出場しており,さらなる記録に向かって挑戦し続けています。
「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2016(第39回大会)」の人力プロペラ機ディスタンス部門に出場しました
さらに,毎年,改良を目指し改修を重ねて完成させた(鳥人間コンテストのフライト本番等で実際に使用した)機体の展示会を,本学の大学祭の中で開催しており,来場された方々に間近でその機体を見てスケールの大きさを実感してもらっています(なお,この展示会では,人力飛行機に関する説明やパネル展示の他,質問への対応も行っています)。
本学に入学された,「モノづくり」が好きな皆様の参加をお待ちしています。活動の詳細は,下記の各リンク先を参照してください。
鳥人間コンテストへの挑戦 (本学における人力飛行機設計・製作活動の紹介ポータルサイト)
広島大学工学部HUES
BLOG : 挑戦の記録新歓ページ : 参加希望の方へ
Japan Steel Bridge Competitonでの鋼橋模型の設計・製作と架設
日本鋼橋模型製作コンペティション(JSBC)に,本学のチームが数年前から毎年参加しています。
既定のルールに従って,橋梁の設計,解析,部材製作,架設を行い,架設のスピードや景観の美しさ,既定値のたわみ量と模型橋梁のたわみ量との誤差,作成した橋梁の特徴をアピールするプレゼンテーションなどを,他大学・高専のチームと競い合います。
当チームは過去に美観部門第2位の好成績を修めた実績を持っており,次回の大会での総合優勝を目指して活動しています。
家具展 ~モノづくり / ヒトづくり~
毎年,本学の大学祭の中で,製作家具の展示・説明を行っている他,小物や簡単に作ることが可能な日用品等の,手軽な家具作りができるイベントを開催しています。
自分で実用的な家具を作ることは形の創造だけにとどまらず,モノに対する愛着やコストダウンの他,作業時における人との出会い等の様々なメリットを期待できることから,実際のモノづくりを通して,様々な人と出会い交流できる場を提供することも目指しています。
二畳の茶室
毎年,本学の大学祭の中で,2畳の大きさの茶室を設計・施工し,大学祭で展示公開しています。2008年から続いている企画で,毎年多数(100名以上)の来場された方々に,その茶室空間を楽しんでもらっています。
これまで様々なコンセプトで行ってきていますが,今回は,広島大学という敷地の中に設えられた茶室としての空間を作り上げたいと考え,茶室内の快適性や構造面での検討に加え,素材や室の内外の関係性をコンセプトとした設計を行います。
土木の魅力を伝えるボランティア活動
生活に密接に関係している「土木」に関して興味を持ってもらうと共に,長い歴史を持つ宮島において,豊かな自然環境に触れいかにしてその自然が守られてきたのかを学び,自然や環境問題等に関心を深めてもらうことを目的に活動しています。
具体的には,下記のようなイベントを行っています。
1. 海を題材とした体験学習会の中で,土木に関する実験等を行います。
2. 実験を通じて,カキ(牡蠣)の持つ水質浄化能力を体験します。
移動式映画館修復プロジェクト ~広島につくる仮設空間とイベント構成~
2015年度より,広島県内のイベント設営やリノベーション等のまちづくり活動を進めています。
過去に制作して大学祭等で使用した移動式映画上映装置の修復や,それを活用するための映画上映に必要な装置の制作に加えて,イベント実施に必要なもの(椅子,机,掲示板,木組みパズル)を作成する,モノづくりワークショップ等を行います。
この企画を通して得られる地域の方々と学生とのつながりが,今後のまちづくり活動にも資するものであると期待されています。
おもしろラボ 家具製作ワークショップ
本学(東広島キャンパス)の工C1棟1階に学生活動の創造の場としてリニューアルされ新たに設けられたおもしろラボに必要な家具等(ホワイトボード,看板,可動収納机等)の製作を行い,そのワークショップを月1回程度開催しています。
学生自らの手でこのラボを作り上げることによって,学生の主体的な活動のモデルとして,様々な活動を生み出す場であることを認知してもらうことを目的に活動しています。
Last Updated : 2017/02/01 © Cluster 4, School of Engineering, Hiroshima University. All Rights Reserved.