HOME > 入学案内 > 1年次入学 > 広島大学AO選抜
広島大学AO選抜(総合評価方式Ⅱ型)の概要
学生募集要項等の詳細については,本学の入試情報を参照の上,必ず確認してください。
大学入試センター試験出願期間 : 2017年9月26日(火)~10月6日(金)
(広島大学AO選抜)インターネット出願受付期間 : 2017年10月5日(木)~11日(水)   学生募集要項等の請求方法
なお,この選抜の出願登録(事前入力)ならびに入学検定料支払は,2017年9月28日(木)より可能。
募集単位 : 新第四類
社会基盤環境工学プログラムまたは建築プログラムのいずれかで志望される場合は,こちら(下記)になります。
募集人員
3名 (工学部新第四類で一括募集)
試験科目等・
配点
(第1段階)選考】 2017年11月25日(土)
小論文,面接,出願書類(調査書等および自己推薦書)の評価を総合して選考します。
(小論文 : 100点)
科学技術および社会への関心,思考力,学習意欲等を評価する設問(英文の設問を含むことがあります)を行い,点数化して評価します。
(面接 : 200点)
数学および理科に関わる簡単な質問を含め,学習能力,勉学意欲についての評価,人物評価等から総合的に点数化して評価します。
なお,当日は課題を与え,面接のための資料を作成していただきます。
(出願書類 : 100点)
英語外部検定試験の成績証明書等(下記の(注1)に示す条件ならびに基準を満たすものを提出した場合に限り出願書類の評価点に別途(20点)加算)
【大学入試センター試験】 2018年1月13日(土)および14日(日)
 (3教科(5科目) : 600点)
数学 『数学Ⅰ・数学A』,『数学Ⅱ・数学B』 を2(必答) (200点)
理科 『物理』,『化学』,『生物』 から2 (200点)
外国語 『英語』*,『ドイツ語』,『フランス語』,『中国語』,『韓国語』 から1 (200点)
合否判定基準
第1段階選考では,小論文,面接,出願書類の総合点(上記の加算点を含む420点満点)で判定します。
さらに,第1段階選考合格者が最終合格者となるには,大学入試センター試験で上記の試験科目をすべて受験してその合計点が概ね70%(420点)以上であることが必要です。
(注1) 英語外部検定試験の取り扱いについて
英語外部検定試験において,下記のいずれかの基準を満たすスコアまたは等級を取得している者が,出願時にその成績証明書等(ただし,スコア等の有効期限が定められている検定試験等については出願締切日時点でその有効期限を越えていないもの,また定められていないものについては高等学校等入学後に取得したものに限る)を提出した場合は,出願書類の評価点に所定の点数(上記の試験科目等・配点の通り)を加算します(複数の項目に該当している場合は,高得点のもの1項目のみを点数加算の対象とします)。
【20点加算対象】
・ Cambridge English : CPE(200+) または CAE(180~199) または FCE(160~179)
・ 実用英語技能検定(英検) : 1級 または 準1級
・ GTEC CBT : 1250以上
・ IELTS™(Academic Module) : 5.5以上
・ TEAP : 334以上
・ TOEFL iBT® : 72以上
・ TOEFL Junior® Comprehensive : 341以上
・ TOEIC® L&R および TOEIC® S&W : 1095以上(L&Rは785以上 かつ S&Wは310以上)
また,スコア等が上記の基準を満たしていない場合や上記以外の検定試験を受験している場合でも,自己推薦書に記載して出願できます。
なお,出願時に提出されたこれらの検定試験の成績証明書等は返却いたしません(原本の提出が必要であり,そのコピーのみを提出した場合は無効になります(出願資格・加点・評価の対象として取り扱いません)ので,注意してください)。ただし,上記の自己推薦書に記載して出願する場合に限り,証明資料としてそのコピーを重複して添付することは可能です。
(注2) 大学入試センター試験における科目の選択について
* 大学入試センター試験の 『英語』 は,筆記とリスニングの素点合計(250点)を0.8倍に換算して得点を取り扱います(ただし,重度難聴者等でリスニングが免除となった場合は筆記の得点のみで素点のまま取り扱います)。
募集単位 : 新第一類
(新)輸送システムプログラム(=(現)輸送機器環境工学プログラム)または機械系の(新)3プログラム(=(現)第一類)のいずれかで志望される場合は,こちら(下記)になります。
募集人員
5名 (工学部新第一類で一括募集)
試験科目等・
配点
(第1段階)選考】 2017年11月25日(土)
小論文,面接,出願書類(調査書等および自己推薦書)の評価を総合して選考します。
(小論文 : 200点)
自然科学・技術に関する基礎知識(数学,物理等を含みます),論理的思考と表現力をみる問題を出題して,点数化して評価します。
(面接 : 100点)
出願書類に基づき,科学技術・社会への関心,学習意欲等について聞き,点数化して評価します。
(出願書類 : 80点)
英語外部検定試験の成績証明書等(下記の(注1Aに示す条件ならびに基準を満たすものを提出した場合に限り出願書類の評価点に別途(20点または10点)加算)
【大学入試センター試験】 2018年1月13日(土)および14日(日)
 (3教科(5科目) : 600点)
数学 『数学Ⅰ・数学A』,『数学Ⅱ・数学B』 を2(必答) (200点)
理科 『物理』,『化学』 を2(必答) (200点)
外国語 『英語』*,『ドイツ語』,『フランス語』,『中国語』,『韓国語』 から1 (200点)
合否判定基準
第1段階選考では,小論文,面接,出願書類の総合点(上記の加算点を含む400点満点)で判定します。
さらに,第1段階選考合格者が最終合格者となるには,大学入試センター試験で上記の試験科目をすべて受験してその合計点が概ね70%(420点)以上であることが必要です。
(注1A 英語外部検定試験の取り扱いについて
英語外部検定試験において,下記のいずれかの基準を満たすスコアまたは等級を取得している者が,出願時にその成績証明書等(ただし,スコア等の有効期限が定められている検定試験等については出願締切日時点でその有効期限を越えていないもの,また定められていないものについては高等学校等入学後に取得したものに限る)を提出した場合は,出願書類の評価点に所定の点数(上記の試験科目等・配点の通り)を加算します(複数の項目に該当している場合は,高得点のもの1項目のみを点数加算の対象とします)。
【20点加算対象】
・ Cambridge English : CPE(200+) または CAE(180~199)
・ 実用英語技能検定(英検) : 1級
・ GTEC CBT : 1400以上
・ IELTS™(Academic Module) : 7.0以上
・ TEAP : 400
・ TOEFL iBT® : 95以上
・ TOEIC® L&R および TOEIC® S&W : 1305以上(L&Rは945以上 かつ S&Wは360以上)
【10点加算対象】
・ Cambridge English : FCE(160~179) または PET(140~159)
・ 実用英語技能検定(英検) : 準1級 または 2級
・ GTEC CBT : 1000~1399
・ IELTS™(Academic Module) : 4.0~6.5
・ TEAP : 226~399
・ TOEFL iBT® : 42~94
・ TOEFL Junior® Comprehensive : 322以上
・ TOEIC® L&R および TOEIC® S&W : 790~1300(L&Rは550以上 かつ S&Wは240以上)
また,スコア等が上記の基準を満たしていない場合や上記以外の検定試験を受験している場合でも,自己推薦書に記載して出願できます。
なお,出願時に提出されたこれらの検定試験の成績証明書等は返却いたしません(原本の提出が必要であり,そのコピーのみを提出した場合は無効になります(出願資格・加点・評価の対象として取り扱いません)ので,注意してください)。ただし,上記の自己推薦書に記載して出願する場合に限り,証明資料としてそのコピーを重複して添付することは可能です。
(注2) 大学入試センター試験における科目の選択について
* 大学入試センター試験の 『英語』 は,筆記とリスニングの素点合計(250点)を0.8倍に換算して得点を取り扱います(ただし,重度難聴者等でリスニングが免除となった場合は筆記の得点のみで素点のまま取り扱います)。
Last Updated : 2017/06/16 © Cluster 4, School of Engineering, Hiroshima University. All Rights Reserved.