HOME > 教育プログラム > 輸送機器環境工学プログラム > カリキュラム
輸送機器環境工学プログラムの履修基準・卒業要件単位数
在学生の方はシラバスならびに履修に関する詳細(自身の入学年度のカリキュラム)入学時に配布された学生便覧で必ず確認しておいてください(当サイトには,2017年度入学生適用のカリキュラムを掲載しています)。
区分 履修基準(卒業要件)
教養的教育
科目群
工学部第四類共通教育
上記のリンク先の表に示す教養的教育科目群の授業科目の通り

50単位
専門的教育
科目群
専門基礎科目
以下の表に示す授業科目より,下記の単位をすべて含めて34単位以上
 ・ 「必修」の24単位
 ・ 「選択必修[ア]」の中から2単位以上
 ・ 「選択必修[イ]」の中から8単位以上

75単位
専門科目
以下の表に示す授業科目より,下記の単位をすべて含めて30単位以上
 ・ 「必修」の14単位
 ・ 「選択必修[ウ]」の中から16単位以上
卒業要件単位数 : 合計125単位(=教養的教育科目群50単位+専門的教育科目群75単位)
上記以外に,工学部他類や他学部等の開設科目および中国・四国国立大学工学系学部間単位互換科目も履修することができます。
それらの科目の履修単位は,自由選択科目として上記の修得単位に含めることが可能です。
専門基礎科目
授業科目名 開設期 単位数 履修指定 2017年度
シラバス
輸送機器工学
課程
環境共生システム
課程
 【工学部第四類共通分野】
  応用数学Ⅰ 1年-後期 2 必修 K0201040
  応用数学Ⅱ 2年-前期 2 選択必修[ア] K0202040
  応用数学Ⅲ 2年-前期 2 選択必修[ア] K0203040
  確率・統計 2年-前期 2 選択必修[ア] K0208040
  応用数学総合 2年-後期 2 選択 K0230050
  応用数理A 3年-前期 2 選択 K0205050
  環境論 2or3年-後期 2 選択 K0222040
 【当プログラム共通分野】
  数学力学演習Ⅰ 2年-前期 1 必修 K8051040
  材料力学・演習 2年-前期 3 必修 K8057040
  流体力学Ⅰ・演習 2年-前期 3 必修 K8058040
  材料学 2年-前期 2 必修 K8059040
  運動学基礎 2年-前期 2 必修 K8061040
  計測工学 2年-前期 2 選択必修[イ] K8064040
  数学力学演習Ⅱ 2年-後期 1 必修 K8052040
  自然環境システム 2年-後期 2 必修 K8060040
  システム信頼性工学 2年-後期 2 必修 K8062040
  輸送機器環境工学プロジェクト基礎 2年-後期 2 必修 K8063040
  構造力学・演習 2年-後期 3 選択必修[イ] K8065040
  流体力学Ⅱ・演習 2年-後期 3 選択必修[イ] K8066040
  システム設計工学 2年-後期 2 選択必修[イ] K8067040
  熱力学 2年-後期 2 選択必修[イ] K8068040
  情報基礎演習 3年-前期 1 必修 K8056040
  産業技術と技術者の倫理 3年-後期 2 必修 K8053040
  科学技術英語演習 3年-後期 1 必修 K8054040
  学外実習 3年-後期 1 要望 K8055040
専門科目(輸送機器工学課程環境共生システム課程)
授業科目名 開設期 単位数 履修指定 2017年度
シラバス
輸送機器工学
課程
環境共生システム
課程
 【当プログラム(課程)共通分野】
  輸送機器環境工学実験 3年-前期 2 必修 必修 K8852040
  プロジェクトマネジメント 3年-後期 2 選択必修[ウ] 選択必修[ウ] K8851040
  卒業論文 * 4年-通年 5 必修 必修 K9998042
 【創成型プロジェクト分野】
  輸送機器環境工学プロジェクトⅠ 3年-前期 3 必修 必修 K8801040
  輸送機器環境工学プロジェクトⅡ 3年-後期 4 必修 選択 K8802040
  輸送機器環境工学プロジェクトⅢ 3年-後期 4 選択 必修 K8803040
  特別研究プロジェクト ** 3年-後期 2 選択必修[ウ] 選択必修[ウ] K8808040
 【構造工学分野】
  振動学 3年-前期 2 選択必修[ウ] 選択必修[ウ] K8812040
  弾性力学 3年-前期 2 選択必修[ウ] 選択 K8811040
  接合工学 3年-前期 2 選択必修[ウ] 選択 K8814040
  構造解析学 3年-後期 2 選択必修[ウ] 選択必修[ウ] K8813040
 【環境・流体工学分野】
  人工物環境システム 3年-前期 2 選択必修[ウ] 選択必修[ウ] K8827040
  海洋大気圏環境学 3年-前期 2 選択 選択必修[ウ] K8821040
  リモートセンシング 3年-前期 2 選択 選択必修[ウ] K8828040
K8823040
  自然エネルギー利用工学 3年-前期 2 選択 選択必修[ウ] K8829040
K8824040
K8825040
  数値流体力学 3年-後期 2 選択必修[ウ] 選択必修[ウ] K8826040
 【システム・情報分野】
  電気・電子基礎 2年-後期 2 選択必修[ウ] 選択必修[ウ] K8835040
  システム制御工学 3年-前期 2 選択必修[ウ] 選択必修[ウ] K8834040
  情報工学とその演習 3年-後期 2 選択必修[ウ] 選択必修[ウ] K8831040
  設計・生産概論 3年-後期 2 選択必修[ウ] 選択必修[ウ] K8833040
 【輸送システム分野】
  輸送機器論Ⅰ 3年-前期 2 選択必修[ウ] 選択 K8841040
  物流システム 3年-後期 2 選択必修[ウ] 選択必修[ウ] K8843040
  輸送機器論Ⅱ 3年-後期 2 選択必修[ウ] 選択 K8842040
* 卒業論文着手要件 : 当プログラムにおける卒業論文の着手資格は,4年次の始めに次の(1)~(4)の基準に従って判断されます。
(1) 履修すべき教養的教育科目群の50単位を修得していること。
(2) 2年次までに履修すべき専門基礎科目の30単位を修得していること。さらに,「情報基礎演習」および「科学技術英語演習」を修得していること。
(3) 「輸送機器環境工学実験」および「輸送機器環境工学プロジェクトⅠ」を修得していること。さらに,輸送機器工学課程配属の者は「輸送機器環境工学プロジェクトⅡ」を,環境共生システム課程配属の者は「輸送機器環境工学プロジェクトⅢ」を,それぞれ修得していること。
(4) 卒業までに履修すべき専門的教育科目群(「卒業論文」を除く)の合計単位数のうち,未修得単位数が10単位以下になっていること。
なお,「卒業論文」の論文試験に合格するためには,在学中に受験した英語能力に関する検定試験(ただし,3年次編入学生の場合は,編入学前の2年間に受験したものを含む)において,「TOEIC®(TOEIC® IPおよびカレッジTOEIC®を含む)で400点以上取得」,「TOEFL® PBTで437点以上取得」,「TOEFL iBT®で41点以上取得」,「工業英検3級に合格」のうち,いずれかを満たしている必要があります。
** 特別研究プロジェクト履修要件 : 「特別研究プロジェクト」には,別途履修要件があります。
履修を希望する場合は,事前に担当教員と相談してください。)
Last Updated : 2017/04/03 © Cluster 4, School of Engineering, Hiroshima University. All Rights Reserved.