HOME > 教育プログラム > 輸送機器環境工学プログラム > 技術分野と研究室
輸送機器環境工学プログラムに対応する技術分野
当プログラムでは,以下の技術分野に対応しています。
1. 構造・システム系の技術分野
各種の構造物(輸送機器,海洋構造物,産業プラント等)を対象にして,強度解析,コンピュータによる統合化設計・生産システム,信頼性・安全工学,ヘルスモニタリング技術等の他,輸送・環境システムに関する総合的な工学技術についての教育・研究を行っています。力学およびコンピュータを基礎にしたシステムインテグレーションに関する技術分野を究めることができます。
対応する教育科目(研究室) :
構造システム構造設計輸送・環境システム総合工学システム安全
2. 流体・環境系の技術分野
環境変動予測,環境影響評価,社会における輸送システム,システムの時空間的な挙動解析等の手法を駆使して,時代の要請に応じた輸送・環境施設,海上輸送,海洋開発,空間利用等における諸問題を解決するための技術分野を究めることができます。
対応する教育科目(研究室) :
輸送・環境システム流体海上輸送システム耐空耐航性能海洋開発工学(IDEC),海洋大気圏システム
輸送機器環境工学プログラムを担当する研究室
当プログラムの教育および卒業研究を担当する各研究室(教育科目)の概要は,それぞれ以下の通りです。
構造システム
田中(義)准教授,田中(智)助教
巨大構造物からミクロ材料挙動の機能性と安全性評価
キーワード : 構造強度,崩壊・破断
輸送・環境システム流体
土井教授,陸田准教授,中島助教
システムデザインのためのFluid Engineerの養成
キーワード : 数値流体力学,周り流れ
海上輸送システム
安川教授,田中(進)准教授,佐野助教
環境に優しい電気推進船「みやじま丸」の開発
キーワード : 船舶・操縦,物資輸送
構造設計
北村教授,竹澤准教授
最適設計 ~最も良い設計を追求する~
キーワード : 構造解析・最適設計
輸送・環境システム総合工学
濱田教授,平田助教
人と技術と環境のかかわりを科学する
キーワード : 輸送システム・プロセス
システム安全
藤本教授,新宅准教授
自然観察を重視した教育,実用化を目指した研究
キーワード : 構造診断,計測・制御
耐空耐航性能
岩下教授,作野准教授
新しい海洋空間利用・解析技術をリードする研究室
キーワード : 空力・耐航,環境観測
海洋開発工学
肥後教授,LEE准教授
環境シミュレータで学ぶ,地球環境と国際環境協力
キーワード : 海洋構造物,地球・循環
海洋大気圏システム
荒井助教
音波による沿岸環境の革新的モニタリング
キーワード : 沿岸海洋,音響・潮流
輸送機器環境工学プログラム卒業生の卒業論文題目について
当プログラム卒業生の卒業論文(題目)について知りたい方は,卒業論文題目一覧より参照してください。
Last Updated : 2017/04/03 © Cluster 4, School of Engineering, Hiroshima University. All Rights Reserved.