HOME > 教育プログラム > 輸送機器環境工学プログラム > 学習・教育目標
輸送機器環境工学プログラムの到達目標
(a) 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
(b) 技術が社会および自然に及ぼす影響・効果,技術者が社会に対して負っている責任に関する理解(技術者倫理)
(c) 数学,自然科学および情報技術に関する知識と,それらを応用できる能力
(d) 輸送機器工学および環境共生システムの各専門分野における知識と,それらを問題解決に応用できる能力
(e) 種々の科学,技術および情報を利用して,社会の要求を解決するためのデザイン能力
(f) 日本語による論理的な記述力,口頭発表力,討議等のコミュニケーション能力および国際的に通用するコミュニケーション基礎能力
(g) 自主的・継続的に学習できる能力
(h) 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め,まとめる能力
輸送機器環境工学プログラムにおける具体的な学習・教育目標および能力・評価基準
上記の(a)~(h)を達成するため,当プログラムでは学習・教育目標(A)~(G)(具体的な能力・評価基準)を,下記の通り掲げています。
学習・教育目標 具体的な能力・評価基準
(A) 教養・視野の広さ
広範化・複雑化する社会および自然環境を自然人文社会等の複数の科学的視点から観ることができる能力
1. 自然環境の現状と今後予想される問題を説明できる。
2. 同一対象に関する異なる科学的知見が対立する例を示すことができる。
3. 研究課題の解明に関連する複数の科学的知見を列挙できる。
(B) 問題発見力
国際社会・地域社会における自然と人間との関わりを理解し問題点を認識できる能力
1. 対象物と周辺環境の特徴を理解し,起こりうる自然現象や問題事象を列挙できる。
2. 輸送機器工学,環境共生システムの各分野に関わる主な技術が果たしてきた役割を説明できる。
3. 研究課題に関連する既存技術を位置づけ,新規性を説明できる。
(C) 問題構成力
問題を論理的に整理し技術的問題を構成できる能力
1. 数学,物理学等の知識を用い,現象の主要要素を支配する方程式系を選択できる。
2. 多様性・不確実性のある現象を数理的に表現,理解できる。
3. 研究対象となる現象を構成する主要要素を的確に説明できる。
(D) 問題解析力
必要な情報を獲得し技術的問題を抽象化・モデル化して解析できる能力
1. 現象のモデル化に必要な情報を獲得できる。
2. 数理的な手法を用いてモデルの解を求めることができる。
3. 研究における解析手法の妥当性や信頼性を説明できる。
(E) 評価力
複数の解決案を提案しその結果を予測して優劣を評価できる能力
1. 理論的に得られた解の実現象への適用性や限界を考察できる。
2. 複数の代替案を設計し,結果を予測し比較できる。
3. 研究から得られた知見や技術の適用性,限界,社会的な意義を説明できる。
(F) 伝達する能力
提案する解決案の内容合理性効果実行可能性を他人に伝達できる能力
さらに批判や異なる考え方を理解し解決策の改善を行う能力
1. 情報処理機器を用い,一定の品質を伴った正確な図,表,文章を作成できる。
2. 討議や発表の場で自らの考えを他人に理解させることができる。
3. 英語を用いて基礎的なコミュニケーションを行うことができる。
(G) 実行力・解決力
(A)~(F)を総合的に駆使して問題解決のプロセスを実行できる能力
以上のプロセスを体得し問題解決力を自発的・継続的に高める能力
1. グループでの分担を考え,計画的に仕事を進めることができる。
2. 問題解決プロセスを評価し,改善提案を行うことができる。
3. より複雑な課題に答えるために学ぶべき知識を自ら見い出すことができる。
学習・教育目標の伸長過程
なお,当プログラムから提供される授業科目では,担当教員が当該授業科目の該当する学習・教育目標について,上記の能力・評価基準を参考に授業の目標等を設定してシラバスに掲載するとともに,授業を通じて学生に周知しています。
輸送機器環境工学プログラムにおける学習・教育目標の制定について
当プログラムは2006年度からスタートした新たな教育プログラムですが,その教育理念・方針ならびに学習・教育目標は,2005年度以前の1年次入学生および2007年度以前の3年次編入学生を対象としてこれまで実施してきた旧・環境グループプログラム(2004年度JABEE認定プログラム)を継承しています。
Last Updated : 2017/02/01 © Cluster 4, School of Engineering, Hiroshima University. All Rights Reserved.