HOME > 教育プログラム > 輸送機器環境工学プログラム > プログラムの紹介
輸送機器環境工学プログラムの概要
乗り物(vehicle)は,人や物の輸送手段として重要な役割を果たすとともに,古来からの文明の発展に伴って陸から海へ,そして空へ,媒体としての場を広げてきています。人類の活動におけるグローバル化が進展する現在では,地球圏全域での複雑な輸送ネットワークが形成され,人類の種々の活動を支えています。一方,輸送機器の運用の場でもある地球圏は深刻な環境問題に直面しており,人工物である輸送機器に関する工学技術を考える上で,従来行われている環境負荷型の視点に立った設計に頼らず,輸送機器と自然環境が調和した共生システムを構築,維持する観点が必要不可欠です。
当プログラムでは,以下の工学技術について総合的に学習します。
1. 自動車,鉄道,船舶,航空機等を主体とする輸送機器および物流システムの工学技術
2. ローカルエリアおよびグローバルエリアの両視点から海洋環境や大気環境を探求しつつ,地球圏環境全体の保全・創造技術を開発して,輸送機器と共生するための工学技術
また,「創成型プロジェクト科目」により,物の設計・製作および性能評価を,工学的手法を用いて実際に行い,要素技術を統合化する能力を養成することが,当プログラムの教育の柱であり最大の特徴になっています。さらにこの中には,3年次以降に選択履修が可能な特別研究プロジェクトも設けられており,当該分野における最前線のトピック的な課題に対して研究的側面から携わることができます。
これらの学習を通じて,地球圏における輸送機器および環境関連機器に関わる技術的問題に対して,自ら問題を発見でき,科学的・合理的に問題解決策を探り,調和的・倫理的に問題を解決できるような実行力とリーダーシップを有する技術者・研究者を輩出することを目標にしています。
当プログラムついてさらに詳しく知りたい方は,輸送機器環境工学プログラムの詳述(HiPROSPECTS®)ならびに日本船舶海洋工学会西部支部メールマガジン(第20号)の輸送機器環境工学プログラムの新カリキュラムについても,併せて参照してください。
また,当プログラムでは,紹介パンフレット(PDFファイル,約5MB)も用意しています。
輸送機器環境工学プログラムにおける履修の流れ
工学部第四類(1年次)入学生は,1年次に修得すべき教養的教育科目群および専門基礎科目を履修した後,本人の希望と1年次の成績に基づいて2年次進級時に当プログラムまたは社会基盤環境工学プログラム建築プログラムのいずれかに配属されます
当プログラムに配属された学生は,2年次には当プログラム開設の専門基礎科目を中心に履修します(一部,専門科目を含みます)。3年次以降は,輸送機器工学課程環境共生システム課程のいずれかに配属となり,各課程指定の専門科目を中心に履修します。卒業論文着手要件を満たせば4年次に進級でき,当プログラムを担当している9つの研究室のいずれかに配属されて卒業研究(ゼミ,調査,実験等による卒業論文作成)を行います。
なお,各課程の特徴は以下の通りです。
輸送機器工学課程
この課程では,自然環境と調和,共生が可能な自動車,鉄道,船舶,航空機等の輸送機器および関連する物流システムを計画,設計,製作,維持するための工学を中心に学習します。
環境共生システム課程
この課程では,地球圏環境を分析,把握して自然環境へのインパクトを低減するための環境関連機器および環境システムを計画,設計,製作,維持するための工学を中心に学習します。
輸送機器環境工学プログラム(旧・エンジニアリングシステム教室)の歴史
当プログラムおよびその前身の歴史(沿革)を簡単に紹介します。
1945(昭和20) 広島工業専門学校(大正9年設立の広島高等工業学校(官立)が昭和19年に校名変更)に造船科を増設
1949(昭和24) 広島大学工学部が発足して(広島工業専門学校は包括されて),船舶工学科を設置
1976(昭和51) 「類・課程」制度への拡充により,第四類(建設系)船舶工学教室に改組(昭和56年には船舶・海洋工学教室に改称,さらに平成4年にはエンジニアリングシステム(ES)教室に改組)
2001(平成13) 大学院講座化に伴い,第四類(建設・環境系)環境グループ(土木工学教室と合体)に改組
2006(平成18) 「教育プログラム」制度の導入により,輸送機器環境工学プログラムを開始(環境グループを分離改組)
当教室の歴史についてさらに詳しく知りたい方は,輸送・環境システム専攻(大学院)の沿革も併せて参照してください。
Last Updated : 2017/02/01 © Cluster 4, School of Engineering, Hiroshima University. All Rights Reserved.